第2回 おかやま建民力結集大作戦

臨席事業名
第2回 おかやま建民力結集大作戦

主催者
岡山県建築士会 (主管:青年、女性、CF(まちづくり)委員会)

日時
平成22年11月20日(土)14時 ~ 17時 ボーリング大会
平成22年11月20日(土)18時 ~ 21時 懇親会

場所
ボーリング大会:岡山ジョイポリス(岡山市北区)
懇親会    :メルパルク岡山 (同上)

開催テーマ
郷土岡山を元気にしよう

臨席対応業務
1.ボーリング大会に参加
2.懇親会に参加
3.懇親会にて連合会青年委員会の紹介(約10分)

概要
岡山県建築士会で開催された会員交流会に参加しました。
昨年から始まった本交流事業は県内会員建築士を対象としたもので、青年、女性、CF(まちづくり)委員会の3委員会が協力して開催の段取りを行って実現したものです。岡山県では支部活動活性化を緊急課題と位置づけて、2回目となった本事業を通じて支部会員の交流を促進する狙いがありました。

ボーリングは約120名が参加し、支部、会社毎にチーム分けされ、2ゲーム実施しました。参加費は500円(2ゲーム:貸し靴別途)、女性委員会がMCを青年委員が写真撮影や仮装(かぶり物)等を担当して会場を盛り上げました。世代も地域も関係なく参加者同士が楽しんでいる様子が伺えました。

懇親会では参加者が増え240名ほどの会員が集まりました。藤井義和会長をはじめ、副会長、専務理事、青年、女性、CFの各委員長など8名が仮装姿で登場し宴会が始まりました。途中、青年、女性、CF委員が、建築を志した当時の顔写真と志を記載したスライドを流すシーンがありました。参加者一人一人が自分の想いと重ねた良い企画であったと思いました。

建築士会の青年委員会は一般的に40歳、45歳が定年ですが、岡山県では定年が異なり35歳となっています。所属する委員は23歳の委員が最も若く、20代後半から30代前半の委員が集まり活発に活動をしています。支部の青年というよりは、全員が本会青年委員として活動をしています。支部青年が構成されているところは、本会と支部の青年活動を両立しているが、それはごく一部となっています。

青年の定年を迎えた会員は、そのままCF(まちづくり)委員会に転属されます。メンバーには女性会員も多く所属しているので、中には女性委員会に転属することもあります。
多くの単位士会では、青年を卒業した会員が士会の基幹活動を学んだ後で活動をする場が無いという問題が顕在していますが、岡山県に限っては、活性化した3つの委員会が相互に連携をとりながら会員活動を実施する土壌が出来上がっているように思えました。

今回の事業を牽引した藤井会長自らが懇親会を盛り上げる姿はとても印象的であり、会員減少に歯止めをかける熱い想いが伝ってきました。

 

2017 年 7 月
« 11 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

タグ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン